嫌いなパクチーも食べられるように。。。

パクチーが安く売っていたので、買って帰ったのですが、kenが苦手だったんですよ!

 

苦手なものがあると、燃えてくるわたし。。。

 

たべてくれる料理をつくりたーーい!

 

パクチーをホットチリやスイートチリ、サテトム、醤油などで味付けしてもそのものだけだとキツかったため、豚肉の切れ端や、ケチャップ入りで作った炒り卵を混ぜてみました!

 

 

見た目もかなり変わりましたが、食べてみると、いろいろな味が混ざり合い、とても美味しい。。。

これならkenもたべてくれるかもしれない。。。

 

実はこんな風に考えている時間が1番ワクワクしてたのしかったりします!

 

 

そこに合わせたメインは鶏肉をシンプルに焼いたもの!

いろいろな調味料で好きに味付けしていただけるように、胡椒しかしていません。

 

 

こちらは、あみの山椒煮が余っていて、しかもカチカチになっていたため、それを水と味噌で練ったものとチーズをトッピングした椎茸です。

椎茸の軸を中央部分のトッピングに入れ込むことで、食材が無駄になることがありません。

 

 

エゴマのりをトッピングした大根サラダ!

大きな大根を購入。。。新鮮だったので、サラダに…

こちらは和風ドレッシングをかけていただきました!

 

 

こちらは、オクラにケッパーとアンチョビ、砕いたアーモンドを加えた一品。

 

味に深みがあるだけでなく、食材の歯応えがとても楽しくて、見た目より何倍も美味しいです。

 

隣に写っているのは、以前おやつに作ったパルメザンチーズのラスクです。

 

 

この料理に合わせたお酒は、ぶどうのコンポートのカクテル。

熟しすぎて安く売られていたぶどうをコンポートにしてあったので、ウォッカと炭酸で割ってミントとレモンを添えました。

ぶどうの香り、淡いピンクの色あい、控えめな甘さがとても美味しかったです。

 

 

 

これらの料理に、皮入りのかぼちゃのポタージュを添えて出来上がりです!

 

パクチーのサラダ、美味しいと言ってkenはわたしよりたくさんたべていました。

 

そんな風にしてもらえると、つくったわたしの方もうれしくなります。

 

子どもだけでなく、オトナの苦手なモノにもたのしくチャレンジすることで、成功体験につなげたり、お互いに幸福度が増したりしたらいいですね。。。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

Chizu
Chizu
1975年、神奈川県相模原市生まれ、神奈川県横浜市在住。
食楽BNS株式会社 代表取締役、NPO法人フーズマイルぐりぐら顧問。
食育、食に関わるヒト・モノ・サービスの企画開発、食全般のプロデュース、ブランディング、プロモーション戦略など。